2011年05月06日

南紀すさみのブル、5月(11年) ブッチョとイノブータン建国祭・イノブタダービー

町挙げての一大イベント

P1010091.JPG

朝早く散歩の時から駐車場建国祭りで満車状態、ガードマンが全てシャットアウトである。

当地では 国の祭日であろうと無かろうと、5月の3日はイノブータン王国建国祭で全町祭日で、町の機能麻痺である。

ワンコ共いつもと勝手が違って落ち着かない、特にブッチョが酷い。
波打ち際歩いていたらアサリが一杯打ち上げられている。

毎年恒例の潮干狩りが8時からで大粒のアサリが採れる、勿論当地の海水浴場漁港の整備に合わせて、砂しこたま放り込んだ人工の砂浜ゆえ、当地で生育したアサリではない。

イベントに合わせて買い込んだものだから、前の晩に撒いておいても砂に潜ることもできないゆえ朝にはほぼ全てが波打ち際に打ち上げられる。

打ち上げられていたのをブッチョが見つけたので、こちらも意味が分るから、全て水の中に投げ込んでおいた。
以前居たメスブルのさゆりと違ってブッチョ見つけ手も拾い食いをしない。

こちらに来た当時そんな事を知らないものだから、当時いたさゆりが見つけてバリバリ言わせて食いだしたものだから、当方もアサリが一杯いるのを拾い捲ってしまった。
勿論その年 潮干狩りでアサリが殆ど拾えず全く評判が悪かったそうだ。
さゆりの方も食いすぎて下痢、良かったのはアサリの吸い物しこたま飲めた当方と家内だけ。
其れをブログに書いておいた物だから、顛末知った故翌年はロープが張られて8時からとの看板と、早い目に打ち上げられたのを海に戻す役員が新たに作られた。

本日曇りのため、少々寒かったろうと思われたが、拾っている方は気にもせず必死で浸かっていて、当方が持って帰らず 戻しておいたから結構バケツに入っていたようである。

P1010110id.jpg

ブッチョ共々陰徳である。

尤も白浜は3日が海開きで、潮干狩りより余程寒い、それでも寒い連発しながら海に入っていたそうだ。

其れと上の芝生の屋台も全て8時スタートで、イノブタ汁の無料振る舞いには早くから列が出来ていた。
潮干狩りの写真撮ってから並びに行ったら、既に500番近く。

P1010099id.jpg

今年は600食ということで間に合ったが、600食完了まで大した時間掛からず。

既に屋台のテントからは焼きそばやカレーにソーセージなどの臭いプンプンさせて呼び込みが始まっていたが。朝食食ったばかりでは流石に買う気には成れぬ。

メインイベントのイノブタダービーは4回あるんだが、最初の分が9時半から。
例年通り、時の人の名前を付けられたウリボウ共が怖がってキィキィ泣くのを無理やりスタートの檻に入れて一斉にスタートと行きたい所だが、そんな訓練受けもしないウリボウに分るはずも無く中々スタートとならぬ。

P1010117id.jpg

ブッチョに言わせれば、ブル共が勢子したらもっとうまく追い立てれるそうである

P1010119id.jpg

子供の勢子がそこから追い出すがこれが又うまくいかない、子供たちだって訓練無しでやらされるからもう一つ要領が得ない。

P1010120id.jpg

但し観客は犬のレースのように、猛スピードであっという間にレース御仕舞いではないので大喜び、マスコミのTVカメラが幾つもほうれつ作っているが、デジカメや携帯のシャッター音も多い。

P1010121id.jpg

走ったかと思えば団子になったりで中々ゴールに届かず観客喜ばしてやっとこさゴールに
入り込んでレース成立。
例年このようなレース振りだからこちらも驚きもせぬが、始めてみた人は何ともけったいなレースと映ることだろう。

建国祭のステージでは、うどんのはや食い競争やイカの皮むき競争が行われている。

今年はシーカヤックのレースにM氏と出ようということにしていたが、当日までに先に出場連絡しておかなければならぬようだったので、こちらの出場は諦めた。

実は翌日の報告しておかなければならぬ。

今回もブル共が見つけたお手柄だが、3日の潮干狩りで取り残したアサリが結構波打ち際に打ち上げられて大人4人分にたっぷりな量のアサリを拾うことが出来た。

P1010124.JPG

今回は正真正銘、潮干狩りでの取りこぼしだから大きな顔であ
る。
posted by がくさん7 at 22:37| Comment(1) | 田舎のイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

南紀すさみのブル、5月(10年) ブッチョとイノブタダービーの準備

第30回イノブタダービー・第25回イノブータン王国建国祭り

もう明日が当日である。

浜には28日以来組み立て式の建国祭のメーンステージと競豚場が出現。

P1010014.JPG

当方の3匹のブルのうち一番暴れん坊だが又一番怖がりのブッチョ、散歩の時でも見慣れぬものの出現には、近づきたがらない。

当方が無理に引っ張るものだから、いつでも引き返せるよう怖気ながらそろそろ歩く姿には、日ごろの傍若無人知ってるだけに笑ってしまう。

芝生の物産販売の屋台と言うか野外テントも今朝からレンタルの機材が着いてテントすでに張られている。

レンタル資材は早い目に借り出すとそれだけ余分に金がかかるから、毎度ぎりぎりになって設営される。

当日の出品者たちは設営されてから大慌てで準備にかかる必要があるので大変と思うんだが、殆ど当日の早朝からの準備である。


それから出走のイノブタのウリボウ、当地の県の畜産試験場から持ち込まれるのだが、今年のはどのようなのか先日見に行ってデジカメに撮ってきた。

浜 ワンコ 実験 田 クリニック ウリボウ 浜整備167_convert_20100502161837.jpg

浜 ワンコ 実験 田 クリニック ウリボウ 浜整備156_convert_20100502163011.jpg

展示用のイノブタのウリボウ、すでに60日程度にも拘らず結構大きい、これなら勢子役の子供大変そうと思っていたら、出走ようのウリボウはもう少し小さいのが用意されているようだ。

場長さんに随分となれて全くイノシシの荒々しさは見えない。

それに展示用の小屋では床におがくずしいてあり、殆ど臭気も無くよい環境で飼われている。

尤もそういった環境でなければ、地域住民の同意が得られず飼うことも難しいということである。

何とかイノブタの認知度あげて、イノブタ肉の普及発展が畜産試験場の思いである。

そういう意味ではイノブタダービー認知度向上には一役買っている。
posted by がくさん7 at 21:00| Comment(2) | 田舎のイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

南紀すさみのブル(ぶっちょ)、四月イノブタダービーの豚名決まる・毎日

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

南紀すさみのブル(ぶっちょ)、四月イノブタダービーの豚名決まる・毎日

毎日新聞和歌山版にてイノブタダービー出走豚名紹介

今回、ホントは違うこと書きたかったけど、ご主人どうしてもっていうもんだから譲ることにしたんダ。

イノブタダービーの事毎日が取り上げたらしいんダ。
ブッチョ君、新聞読めないからご主人に任せることにしたんダ。



当地の地方紙「紀伊民報」なるものが幅を利かせている。
第一それ以外にあるのかないのかすら分かっていない。

当地の住民にとって地元の事が出ぬ新聞は、新聞では無いんである。
いくら全国版で良い新聞と言っても、無用の長物で何か1紙となると地元紙に軍杯が上がる。

そうは言っても全国紙には、それなりの矜持もあり、いくら受けが良くても地元の記事ばかりとはいかぬ。

だから南紀の片田舎・すさみの一大イベントとはいえ、イベント当日の記事ならともかく豚名決定程度の記事書きたくても書くわけにいかぬ。

だから過去出走の結果ならともかく、豚名決定の発表程度の記事など実はなかった。

読んでるの毎日だけだから、毎日以外知らぬわけだが、朝日だって読売だってそう違いもなかろうと思われる。

昨年TVが取り上げたり、ヤフーやMSNがトップページで載せたりで、此処のところ雲行きが変わってきたようである。

「南紀すさみの四季」のブログだって、3報目でこれまでとおおちがいなんである。


4月14日付の毎日、紹介することにしよう。



出走名「キタジマ」「イチロー」「オバマ」・・・

第29回イノブタダービー 来月3日

すさみ
イノブタ発祥の地、すさみ町のすさみ海水浴場で5月3日に開かれる「第29回イノブタダービー」の出走名が決まった。
世界に名をとどろかす有名人の名を冠した生後3カ月のイノブタ6頭が、1週100メートルの”競豚場”で4レースを競う。
同ダービーは、同町のパロディ国家・イノブータン王国建国24周年祭(実行委主催)の目玉イベント。
今年の豚名は、「キタジマ」「イチロー」「オバマ」「リョウくん」「ポニョ」「マツザカ」ト言うワールド・ベースボール・クラッシク2連覇の立役者や5輪2大会連続金メダルなどのスポーツ選手名を冠している。
連勝複式の豚券は、朝市で500円以上の買い物をするか、指定宿に宿泊すればもらえる。
予想の的中者にはイノイブタグッズや町特産品が贈られる。
他にも先着300名にイノブタ汁が振る舞われ、潮干狩り(午前8時)▽イノブタうどんの早食い競争(午前8時半)▽イカの皮むき選手権(午前9時半)▽けんけんカツオ販売(午後2時)▽魚のつかみ取り(同)などが有る。
問い合わせは町商工会内の実行委【0739・55・2293】。【山本芳博】


PHTO0004.JPG

イノブタダービー毎日記事写真付きで載せてあるが流石新聞社、レース場の内側から良いアングルでとってある。
当方が撮るには多くの観客に邪魔されてなかなかこうはいかない。
ネット・ダービーについては書かれていないのは、流石新聞記者、アンチネット派と見受けられる。


人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



posted by がくさん7 at 15:41| Comment(0) | 田舎のイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。