2010年11月02日

南紀すさみのブル、11月(10年) ブッチョとワクチン

ワクチン注射

ブッチョ君がワクチンうちに行ったわけではない。

ゆりチャンとあいチャンがペットクリニックまで行くことになったんだが、ブッチョ1匹置いておく訳にも行かず連れて行ったが当方の車では2名と3匹は少々きつい。

大人しくするワンコならよいんだが、四六時中動き回っているブッチョ連れは大変である。


本日の記事はワンコ共のことでなく人間のインフルエンザワクチンのことである。


疑惑のインフルエンザワクチン

インフルエンザワクチンの注射の補助の通達が廻ってきて1000円で予防注射が出来ますとあった。

当方は安くなったからとてうつ必要はないと断ることにした、家内には予防注射しておいたらと勧めたが、家内も断ったらしい。

当方は生活習慣病だって薬に頼らず、運動療法と食事療法だけだから、インフルエンザごときでワクチンなんかである。

むしろ薬と来れば条件反射で副作用と考えてしまう

ところがネットサーフィン中に面白い記事をアップしているブログに行き当たった。

飛躍しすぎた点もあるので、誰でも簡単には信じにくい内容である、勿論大手マスメディアはスルーである。

以下に其の一部を抜粋する。

 日本の政治・経済・国民生活は菅内閣になってからというものの、首相(内閣)自体が先導して日本を地獄に突き落とすかのような日々が続いている。 

先月あたりに役所から「インフルエンザ注射接種」のお知らせが封筒で来ていたのでインフルエンザについて書こうと思う。


当ブログでも過去にインフルエンザは(米製薬会社と米政府によって)米軍の細菌研究所で作られた細菌兵器の1種だ と書いたことがある。 あの豚インフルエンザ(新型と故意に名称を変えたが)が全世界でパンデミック状態になりかけたときにも「インフルエンザワクチン接種をするな」と警告した。 はっきりいって効果がないだけでなく、副作用を及ぼすことのほうが多い。 これは米製薬会社が儲けるための殺人プロパガンダのようなもので、当然、当時首相だった麻生のところに米製薬会社のトップたちが輸入促進詣をしている。 これに世界のマスゴミも加担している。

その結果インフルエンザワクチンを税金で大量に買い(買わされ)、結局は大量に余ってしまったことも記憶に新しいではないか。



それ以外にも菌の拡散を恣意的に飛行機を使ってやっているとのことや、其の時ケムトレイルという飛行機雲のようなのが豚インフルエンザの流行地で多発した話であるとか、そういうことをマスメディアでは報道しないとかちょっと其の思考に、ついていきかねるところもある。

ただベトナム戦争やイラク戦争を見ているとアメリカと言う国は儲かりさえすれば何でもありの国と分るだけに100%嘘などといえない、9.11だって自作自演火も知れぬ。

戦後65年、アメリカの属国どころか植民地であったことすらマスメディアは知らせないし、アメリカの意にそむいた、何人もの総理大臣が失脚させられたり、非業の死を遂げている。

小泉・竹中路線が何百兆もの郵貯の金をアメリカに貢いだことだって、マスメディアが真実を報道して大方の国民を覚醒させてはくれぬ。

小沢政権が誕生すればマスメデイアの立ち位置に齟齬がきたすと、彼らが説明責任も果たせぬ「政治とカネ」なる黒い霧ねつぞうして検察ともどもに冤罪作りに邁進。

小沢氏が迷惑こうむるだけでなく、「国民生活が第一、政治主導、アメリカの植民地からの脱却」掲げて戦う政治家を抹殺しかねず、日本国民が又日本が大損害をこうむる。

悪いことは出来ぬもので、村木事件で検察の証拠改竄で信頼地に落ち、偏向マスメディアの方も一部の国民気付き、新聞解約で経営に打撃である。

インフルエンザワクチンから大分脱線してしまったが、当方注射断ったことで効きもせぬワクチンにカネ使うこともなく、それどころか副作用の心配もない訳で一応メデタシである。


posted by がくさん7 at 22:02| Comment(1) | 田舎の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月03日

南紀すさみのブル、7月(10年) ブッチョと浜辺

海開き神事と水中ウォーキング

この前から雨続きだったすさみも、海開きをまえにしていかにも夏というからっとした気候に変わった。

といってもカラッとした気候だなんていって余裕かませるのは人間だけで、ワンコ共と来たらもう溜まらんと散歩に連れ出しても暑さでハァハァゼーゼーである。

それで朝の散歩は6時半から6時に早くして、夕方は5時半ごろだったのを6時以降にずらしている。

7月1日

すさみ町の海水浴場が正式に海開きするための神事を稲積ビーチで行われた。

P1010038.JPG

P1010042.JPG

当方も今夏は海を使ってのイベントをすることもあって神事に出席した。

当初、町の環境保健課と地域医療センターとで、小学校のプールでやろうとしていたんだが、プール借り出し出来なかったという事で町側海では怖いとさっさと引いてしまった。。

それで水中ウォークの希望者募り、ビーチの浅瀬で生活習慣病の予防と対策をすることにした。

町に無い温水プール建設への足がかりである。

ところが海水の効用が案外思ったよりあって、海外のフランスやドイツではタラソテラピーの名で海洋療法で使われており、健康保険まで効くそうである。

それでどれだけ集まるか分らぬがとりあえず知り合い声かけてやることにした。


浜辺にテントが2基、神主さんが祝詞を上げ玉串奉納で海の安全の祈願。

町長、観光協会会長の奉納に引き続き出席者全員が奉納。

昨日からカラッとした天気で梅雨の中休みか、夏思わせる気候で何ともタイミング良好である。

そんなわけで当方のワンコ共、これからビーチの散歩、単に散歩だけでなく水中ウォークやらされることに成らぬかと、ものぐさ3匹戦線今日今日なのである。

特に怖がりのブッチョなんて、水に入ればきっと泳げるだけの運動神経あるはずなんだが
何としても入ろうとしない。

これから長期戦である。

posted by がくさん7 at 20:29| Comment(5) | 田舎の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

南紀すさみのブル、4月(10年) ブッチョと狂犬病ワクチン

狂犬病ワクチン・飼い主の義務?役所の強制?

当方のワンコ共小さいときは可愛いばかりで良かったが、今では大きくなって兎に角同じにするとすぐに喧嘩始めるので大変である。

本人どもはじゃれあっているのかも知れぬが段々やることが酷くなっている。

ブッチョが最も暴れん坊で、車内でつないでいてもヘッドレストに噛み付くは座席無理やり乗り越えたりと大冒険を繰り返す。

あいチャンは座席に臥せって大人しくしている。

ゆりチャンは後部のバッゲージスペース。

本人にしたら不満たらたらだろうが、仕方が無い。

昨年注射器持った獣医さんブッチョに気楽に近づいたのを、我らがブッチョ君襲われると勘違いして猛然と逆襲。

逆にブッチョの勢いに気圧されて追い掛けられて、その獣医さん大あわてで後ろも見ずに逃げ出し、その格好が漫画のようで又おかしいと皆で大笑い。

今回、ゆりチャン異常を知ってか嫌がって降りない。
載ったまま瞬間で背中の肉つまんで注射おしまい出あっけないこと夥しい。

ブッチョ今年も手こずらせてくれたが、去年のようなことも無く何とかすんだ。

と言っても家内にしがみついたまま靴の上からがぶりでチョッとした名誉の負傷。

今回はすぐ放したので大した事も無くだがこもったものである、日常と違うとこわがるのである。

ブッチョ本当は怖がりなんだが、その極みに達すると猛然と逆襲に転ずるから要注意である。

あいチャンは流石に大人しく、地面に座り込んで余裕で注射。

ブッチョもこうなら楽で汗もかかずで良いんだが。

毎年3匹の狂犬病の予防注射には困らされるんだが、これも飼い主の義務と思い、何の疑念挟まずやってきたと言うかそのように仕向けられてきた経緯がある。

何せ狂犬病とは恐ろしい病気であるからワクチンは絶対しなければならないと刷り込まれている。

でも一体これだけ苦労して、金まで使ってどのような効能があるのかをネットで調べてみた。

何とここ50年来日本では狂犬病の発生が起こって無いそうである。

マァ狂犬病の予防の注射しているから発生抑えこんでいる思っていたらどっこいそうでもない。

実は国内の犬1300万頭ばかりで、そのうち狂犬病の予防注射する飼い主は4割程度で、残り6割がしていない。

注射しない犬が6割もいながら、この50年間延々と狂犬病の発生が無いと言うことらしい。

そういえば知り合いの500頭ほど居るブリーダー、売り先決まった犬しか予防注射しないそうだ。

と言うことは多大の苦労して保険所も獣医もそれに飼い主だって、何のためにしているのか全く持って分らぬ。

バケツの水をもう一つのバケツに移して、今度はその移したバケツの水を元のバケツに入れなおす。

これを延々と繰り返すとやらされるものは意味のない事をやらされるわけだから拷問の意味を持つ。

確かに狂犬病は恐ろしいからと言う理由でやらされているのだが、50年発生が無ければ
なんらの議論があってrしかるべきに思える。

お上のすることに間違いは無いと長年思わされて来た訳である。

それどころか、平成14年以来ワクチンの副作用で145頭の犬が死んでいる、こうなるとどうして止めようとしないのか逆に勘ぐりたくなる。

いっそ止めてもらえば、注射しない飼い主だって飼い主のぎむ果たしていないなんて言われず、皆が助かると思うんだが。

特に3匹ではゆりチャン体型的にも副作用にかかりやすそうで心配である。

役所も獣医も駆り出されず、こちらも犬連れて出かけることも無く、ワクチンの副作用心配もせずである。

ではどうしてワクチン止めないのかということについては、利権がらみでは無かろうかというのが行き着いたサイトの意見である。http://netallica.yahoo.co.jp/news/120402

未だ狂犬病が抑え込まれていない国ならともかく、50年の長きににわたって発生の無い日本で副作用の恐れありながらのことだけに一考の要ありと思わざるを得ない。

犬を飼って居られる皆さんはワクチン打つべきとお思いでしょうか。
posted by がくさん7 at 17:38| Comment(0) | 田舎の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

南紀すさみの7月、あいチャン、ブッチョに忠告

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

学校水泳応援団のこと

俺とゆり母さんは玄関入ったすぐのところがねぐら。

でもあいチャン叔母さんだけ、ご主人やママさんのいる居間に出入り許されているからご主人なにしてるかとか、ママさん何考えてるとか大体分かるらしいのサ。

2009 07 25 ワンコ・テンコロリン 畑 水泳補習・特訓 ビーチ 日置 079.jpg

あいチャンおばさんの言うことには、実はご主人、体協とか言うところの水泳の上級指導員の資格持っていたけど眠らせたままだったって。

所が何思ったかこちらの小学校に出かけて行き水泳授業の手伝いボランティアで引き受けてきたらしい。

そして午前も午後も教えに行ったり、休みに入ってからは8時半から12時までずっと連続で入水して教えてるらしい。

でもそれも8月7日に郡の水泳大会ガあってそのためらしい。

まさかそんなことないって思うけど物好きでそのボランティアのことみても良いってお思いなら学校水泳応援団ってブログに飛んでもらってよくってヨ。

なんでも昨年誰も決勝残らなかったどころか、個人メドレーやバック・バタフライなど誰も出なかったようなので今年は出すんだって頑張ってるようヨ。

それにメドレーリレーだって出ていなかったけど今年は出るんだって。

でも今まで授業でやってもしないバックやバッタで泳がなければいけないからほんとは無理って思うんだけど、あいチャン無駄だっていってもご主人聞かないからね。

でもそんなことはご主人の勝手だからあいチャン取り立ててどうってことないわけだけど、今もっぱら気にしているの水泳大会終わってからのことなノ。

用事終わって手持無沙汰になり、うちのわんこ共にも泳ぎ教えよう何て言いだされるとこちらが迷惑って思わないこと?
ってことサ。

それで俺に注意しろってことなんだ。

特に俺おっちょこちょいだからよく言っておかないと一角くずされて結果的に総崩れなんてことにならぬとも限らないそうなんだ。

でも俺あいチャンおばさんやゆり母さんみたいにそんなに海いやってわけでもないんだ。

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
posted by がくさん7 at 19:55| Comment(0) | 田舎の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

南紀すさみの4月、田舎の病院とブッチョ

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

胃がんの手術

お隣におじいさんとおばあさんが二人で住んでいる、というより住んでいた。
近くに息子夫婦がガソリンスタンドしていてそこで住んでいるそうなんだ。

おじいさんもお婆さんも最近までそこに手伝いに行っていたんだ、元々そのガソリンスタンド始めたのはお爺さん夫婦。

そのおじいさんが急に亡くなって葬式があったんダ。
ご主人もママさんも出かけていてそれで死んだのが分かったサ。

ご主人とママさんの話 横から聞いたところ、何でも1月の初めに体調悪くして病院に行ったらしい。

すさみにだって病院て名がついた「すさみ病院」があるけど、こういうときは大体田辺か白浜の病院に診て貰いに行くらしい。

ペットクリニックはすさみにないから田辺まで行くんダ。
人間の場合すさみにあっても、命惜しい人は35キロも離れた遠くまで行くらしい。
すさみの病院、医者も少ないし診療科目もまったく少ない。

ご主人もママさんも「すさみ病院」行ったこと無いからあまり詳しくは分からないがすさみの人はそう言ってるサ。

その人も田辺の病院で胃がんと診断され、即入院、全摘手術になったんだって。
でも命惜しくて田辺まで行って手術したけど、すでに手遅れでそれからすさみの病院に戻されたそうな。

胃がんで全部取られるなら俺生きてたくは無いサ、食べるの一番の楽しみで2番が車に乗ることだからね。

俺と一緒に生まれたおチビさん死んだとき、庭に埋めるの立ち会ったから死んだらどうするか知ってたけど、人間の世界じゃ人いっぱい集まったり、立て看板いっぱい並べたり、箱に入れて車に乗せていったり、なんか変なのサ。

PHTO0023.JPG

俺、車大すきだけど箱に入れられて運ばれるんは嫌だな、全く外見れないんだもの。

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ



posted by がくさん7 at 08:59| Comment(0) | 田舎の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

南紀すさみの3月、ブッチョ優良パトロール犬

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

最近放置ウンチ多発

俺以前自分のウンチ間違って右の前足でふんずけチャッテ大弱り。

自分のなら平気と思うかもしれないがこればかりは嫌なもんさ。

右の前足そっと持ち上げて先っぽだらりと下げて座っていたら、ママさんそれ見つけて大笑いサ。

ホントバツ悪かったものサ。

ぬれぞうきん持ってきて拭いてくれたけど、こんなこと2度としたくないと思ったサ。


最近また砂浜や芝生の放置ウンチ増えだしているんだ。

浜では偶に健康法ではだしで歩く人いるけど、俺に言わせると止したがいいと思うよ。

以前ご主人の知り合いはだしで歩いていて、砂浜にしていたウンチふんずけて怒り心頭って人いたけど気持ち分るサ。

俺自分のでも嫌だったから他犬のウンチならなおさらサ。

今回の記事のジャンル災害だけどウンチふんず桁ぐらいで災害って言えるのかは俺だって疑問サ。

俺たち地面の近くで嗅ぎながら歩いてるから、そんなウンチ踏むなんてばかげた事ならないけど、その点人間からきしだめだから危険が一杯サ。

だからふんずけて腹立つような短気の人ならはだしで歩かぬことサ。
尤もふんずけて運がついたなんて喜ぶ人もまあいそうにないと思うヨ。


尤も俺もあいチャン叔母さんも見つけたらご主人に合図して拾って貰うが、自分でヒラウなんて真っ平サ。
ゆり母さんなんか、見つけるのも嫌だから匂いしたらよけて通るから先ずもって見つけることがないんだ。

だから放置ウンチのパトロールゆり母さん無理なのサ。
放置ウンチのパトロールが災害救助犬の第一歩ならゆり母さん落第サ。

俺一番見つけるから優良パトロール犬サ。

今日は写真貼りつけないからネ、こんな写真喜ぶ人いそうもないからネ。


人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
posted by がくさん7 at 18:12| Comment(2) | 田舎の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

南紀すさみの2月、ブッチョの広報

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

ブッチョの広報担当

俺だってこの地の広報手伝えって言われたんダ。

綺麗な海水浴場の砂浜に芝生の公園、朝夕の散歩のコースでお世話になってるからネ。

それに何人ものお尻かぶりついたもんネ、イヤお尻じゃなくって足サ。
おかげであいチャン叔母さんみたいにリード放して自由にしてもらえないんダ。
金輪際リードなしで歩かせて貰えなくなったんダ。

0062.JPG

何でもイノブタ町の特産品にするとかで国の補助金貰ってイノブタ飼いだしたんだって。
それでその肉利用して町1番のホテルがレトルトカレーにイノブタの肉入れて売り出すことにしたらしいんダ。

そのレトルトカレーのモニター公募で当たったとかでご主人とママさん食べた感想ブログに書いてるんで見に行ってくれる?
カレー俺の口に合わないとかで試食してないから、俺は書けないからネ。

南紀すさみの四季ー日本の南仏プロヴァンス
        http://itgiken1.blog25.fc2.com/

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
posted by がくさん7 at 20:44| Comment(2) | 田舎の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

南紀すさみのブル、1月・モニターツアー

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

ブッチョの宣伝・イノブタモニターツアー

モニターツアーっていっても何の事か分らんと思うが俺だってたまには町の役に立とうと思ってサ。

最近町ではイノブタ増やしてイノブタ肉の販売目指しているんだ。

それで補助金とってイノブタ肉売りだすことにした。
レトルトカレーに入れたり、イノブタ肉として販売するについてモニター募集をかけている。

その一環で町外からの呼び込みかねてイノブタ肉モニターツアーを募集しだした。

町内のホテル・旅館や民宿に泊まってイノブタ肉味わって貰おうって寸法。

その代り一人三〇〇〇円補助で二人なら六〇〇〇円まで補助。

何でもイノブタ肉、結構評判良くて、美味いんだそうサ。
俺だって猪食ったことあるけどイノブタ食ったこと無いから応募してもいいけど此方に住んでるから、泊ってなんて無駄な話。

ダから珍しいもの食べれる旅行考えてる向きにはいいんじゃない?
それに町には、伊勢海老なんかも名物だからなおさらって思うヨ。

詳しくはすさみの商工会のホームページ(写真もあるよ)
申込フォームはイノブータン王国ホームページで見てね

それに3匹のブルドッグ。
と言ってもブルドッグの肉じゃないからネ、癒しの犬サ。

人気ブログランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

posted by がくさん7 at 17:46| Comment(0) | 田舎の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。