2011年03月25日

南紀すさみのブル、3月(11年) ブッチョと原発

日高原発・日置川原発

今回もブッチョ君に関係しない訳ではないが、原発に付いて考えてみたい。

超巨大地震・東北地方太平洋沖地震と原発が大きな被害生もうとしている。
東北でとても大きな地震が11日に起きてすでに今日は25日、2週間が過ぎている。

でも当初8.4が8.8になりついで9.0、ふつういままでの地震では8.4以上はありえぬからおかしいと思っていたら、今回外国が採用している単位にそしらぬ顔して代えていた様だ。

おかしなことをするもんだと思っていたら、未曾有の地震で想定外のことが起こったから原発事故やむなしと言うことらしい、何とも姑息なことをするものだ。

震度5や6で事故起こってはと言うことらしいが、予備電源部分5mの津波で流される位置におかれていたようだから人災としか言いようが無い。

それに事故当初 アメリカからの原発事故の緊急支援申し出、廃炉前提のためバカ菅が東電ともども拒絶したそうで、その結果がチェルノブイリ凌駕する未曾有の放射能事故迄肥大化である、人災と言わずして何と言う。
その東電擁護が自民の金城湯池を民主乃至はバカ菅につけ返らせるためと聞く。

事故状況は隠蔽しまくって国民には危険知らせず、外国メディア参考にして分ってくるような有様で、父っちゃん坊や枝野以下、マスメデイアの御用学者共一緒になっての安心安全の垂れ流し、気が付く時には日本沈没。

原発避難20キロで屋外退避30キロ、30キロ地点では土中でチェルノブイリでも出なかった値が既に出でているそうだから、避難範囲100キロが妥当と思うが、其れも明確に避難指示出そうとしない、自ら勝手に避難せよとは何おかイワンや。

東電・政府の補償問題しか頭にないから、事故矮小化に懸命、福島原発事故受けてドイツでは運転中の原発止めたと言うのに。

当和歌山の日高地方や隣町日置川でも その昔 町2分するような関電の原発誘致の大騒動があったが、反対派の町民や京大原子炉実験場の助手6人衆の活躍などで誘致失敗に追い込んだそうで、今回の事故見るにつけ、その慧眼に頭が下がる。

お陰で風光明媚で肴が美味いの評判維持できているわけだから、当方のワンコ共も浜辺の散歩に心配要らぬ。。

でも福島原発、早くコンクリートでかためて廃炉にしてくれないといつ何時大きく爆発で連鎖の爆発起こそうものなら関東・東北 人が住めなくなり、太平洋側の海岸線放射能汚染で魚貝類に海藻類全て食べれぬことが起こる。

このような人知の及ばぬ事故では最悪考えてやってもらわねば、最善尽くしたが結果が最悪では誰が責任取って済むと言うものではない、尤もバカ菅責任逃れしかねぬが。

こんな大事故の時のトップがバカ菅では日本も日本国民も最大不幸で、其れを国民に示せぬマスコミも同罪である。

以下に 如何に枝野も御用学者もマスメディアも原発事故に対して酷い発表しているかを分り易く解説しており事故にどう向き合うべきかを示唆してくれている、2時間と少々長いが是非参考にしていただきたい。

広川・広瀬緊急講演会より
『緊急報告「福島原発で何が起きているのか」』
http://www.ustream.tv/recorded/13509353


posted by がくさん7 at 21:07| Comment(0) | 天災 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。