2010年12月30日

南紀すさみのブル、12月(10年) ブッチョと防風ネット

浜辺の防風ネット

P1010016e.jpg

当地に近い串本や白浜では11月も下旬には砂浜に防風ネットが出現する。
特に白浜ではオーストラリア産の高い砂を買い込んでいるから砂は貴重品である。

当地では12月も中旬近く今年は予算の関係で防風ネットの設置やめるのかなんて思う頃にある人地全ネットが設置されて、ワンコ共の散歩のコースを変更させられることに。

といっても砂浜の真ん中辺りを歩かせていたものを海側ぎりぎりを歩くか反対の芝生側の階段近くを歩くかで、大した遠回りというほどでもない。

只暗い時に歩いていて、急にネットが飛び出してぶつかりそうになることや、ワンコ共ショートカットしようとしてネットに邪魔される程度である。

今年の設置位置は昨年までと少し移動していて最も風の影響受ける所がナインである。

その辺り余りにも風の影響受けてネットが破壊されたり、人が通るところなので壊されやすいから止めたのか真意は聞いていないから分らぬ。

只一番風の影響受けるところがはずされているのは事実で、昨日の強風吹き荒れていた時などその部分に近い一段上がった芝生の部分で砂が吹き荒れていた。

吹き飛ばされる砂を押さえるために防風ネットがあるということならその部分に無いのは訳が分らぬ。

P1010021e.jpg

まるで雨降りに傘もっていながら濡らすのが嫌でささないとか、雨降りの上強風と来て傘壊すの嫌さにささないで濡れていくなんてたとえと同じである。

ワンコ共砂が吹き荒れるので砂浜諦めて上の芝生歩いていたが、風のきつい時は芝生の部分だって砂が飛び交って特に姿勢の低いワンコ共目に入るから歩きにくい。

ネットのない部分では特に、砂が吹き飛ばされて酷い、近隣の家だって砂かぶることになろう。

勿論ブッチョだって文句は言わぬが歩きにくいに違いない。



posted by がくさん7 at 14:30| Comment(0) | 田舎の自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。