2010年05月02日

南紀すさみのブル、5月(10年) ブッチョとイノブタダービーの準備

第30回イノブタダービー・第25回イノブータン王国建国祭り

もう明日が当日である。

浜には28日以来組み立て式の建国祭のメーンステージと競豚場が出現。

P1010014.JPG

当方の3匹のブルのうち一番暴れん坊だが又一番怖がりのブッチョ、散歩の時でも見慣れぬものの出現には、近づきたがらない。

当方が無理に引っ張るものだから、いつでも引き返せるよう怖気ながらそろそろ歩く姿には、日ごろの傍若無人知ってるだけに笑ってしまう。

芝生の物産販売の屋台と言うか野外テントも今朝からレンタルの機材が着いてテントすでに張られている。

レンタル資材は早い目に借り出すとそれだけ余分に金がかかるから、毎度ぎりぎりになって設営される。

当日の出品者たちは設営されてから大慌てで準備にかかる必要があるので大変と思うんだが、殆ど当日の早朝からの準備である。


それから出走のイノブタのウリボウ、当地の県の畜産試験場から持ち込まれるのだが、今年のはどのようなのか先日見に行ってデジカメに撮ってきた。

浜 ワンコ 実験 田 クリニック ウリボウ 浜整備167_convert_20100502161837.jpg

浜 ワンコ 実験 田 クリニック ウリボウ 浜整備156_convert_20100502163011.jpg

展示用のイノブタのウリボウ、すでに60日程度にも拘らず結構大きい、これなら勢子役の子供大変そうと思っていたら、出走ようのウリボウはもう少し小さいのが用意されているようだ。

場長さんに随分となれて全くイノシシの荒々しさは見えない。

それに展示用の小屋では床におがくずしいてあり、殆ど臭気も無くよい環境で飼われている。

尤もそういった環境でなければ、地域住民の同意が得られず飼うことも難しいということである。

何とかイノブタの認知度あげて、イノブタ肉の普及発展が畜産試験場の思いである。

そういう意味ではイノブタダービー認知度向上には一役買っている。
posted by がくさん7 at 21:00| Comment(2) | 田舎のイベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして
イノブタのレースですか?
おもしろそう!
Posted by みみ〜 at 2010年05月19日 14:23

ホテル入ったとたんに押し倒されたぞ!!
お口でビンビンにさせられて即 挿 入!!しかもナ マ 中 出 し!!

そのまま満足いくまでセク〜スして、報 酬 7 万置いて帰ったしwww
ゆとり世代なのか知らんけど、最近の女の子って凄すぎるなwwww
http://toy.pizapizahiza.net/09ur5zr/
Posted by これがジェネレーションギャップかwww at 2010年05月29日 04:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。