2010年04月30日

南紀すさみのブル、4月(10年) ブッチョと狂犬病ワクチン

狂犬病ワクチン・飼い主の義務?役所の強制?

当方のワンコ共小さいときは可愛いばかりで良かったが、今では大きくなって兎に角同じにするとすぐに喧嘩始めるので大変である。

本人どもはじゃれあっているのかも知れぬが段々やることが酷くなっている。

ブッチョが最も暴れん坊で、車内でつないでいてもヘッドレストに噛み付くは座席無理やり乗り越えたりと大冒険を繰り返す。

あいチャンは座席に臥せって大人しくしている。

ゆりチャンは後部のバッゲージスペース。

本人にしたら不満たらたらだろうが、仕方が無い。

昨年注射器持った獣医さんブッチョに気楽に近づいたのを、我らがブッチョ君襲われると勘違いして猛然と逆襲。

逆にブッチョの勢いに気圧されて追い掛けられて、その獣医さん大あわてで後ろも見ずに逃げ出し、その格好が漫画のようで又おかしいと皆で大笑い。

今回、ゆりチャン異常を知ってか嫌がって降りない。
載ったまま瞬間で背中の肉つまんで注射おしまい出あっけないこと夥しい。

ブッチョ今年も手こずらせてくれたが、去年のようなことも無く何とかすんだ。

と言っても家内にしがみついたまま靴の上からがぶりでチョッとした名誉の負傷。

今回はすぐ放したので大した事も無くだがこもったものである、日常と違うとこわがるのである。

ブッチョ本当は怖がりなんだが、その極みに達すると猛然と逆襲に転ずるから要注意である。

あいチャンは流石に大人しく、地面に座り込んで余裕で注射。

ブッチョもこうなら楽で汗もかかずで良いんだが。

毎年3匹の狂犬病の予防注射には困らされるんだが、これも飼い主の義務と思い、何の疑念挟まずやってきたと言うかそのように仕向けられてきた経緯がある。

何せ狂犬病とは恐ろしい病気であるからワクチンは絶対しなければならないと刷り込まれている。

でも一体これだけ苦労して、金まで使ってどのような効能があるのかをネットで調べてみた。

何とここ50年来日本では狂犬病の発生が起こって無いそうである。

マァ狂犬病の予防の注射しているから発生抑えこんでいる思っていたらどっこいそうでもない。

実は国内の犬1300万頭ばかりで、そのうち狂犬病の予防注射する飼い主は4割程度で、残り6割がしていない。

注射しない犬が6割もいながら、この50年間延々と狂犬病の発生が無いと言うことらしい。

そういえば知り合いの500頭ほど居るブリーダー、売り先決まった犬しか予防注射しないそうだ。

と言うことは多大の苦労して保険所も獣医もそれに飼い主だって、何のためにしているのか全く持って分らぬ。

バケツの水をもう一つのバケツに移して、今度はその移したバケツの水を元のバケツに入れなおす。

これを延々と繰り返すとやらされるものは意味のない事をやらされるわけだから拷問の意味を持つ。

確かに狂犬病は恐ろしいからと言う理由でやらされているのだが、50年発生が無ければ
なんらの議論があってrしかるべきに思える。

お上のすることに間違いは無いと長年思わされて来た訳である。

それどころか、平成14年以来ワクチンの副作用で145頭の犬が死んでいる、こうなるとどうして止めようとしないのか逆に勘ぐりたくなる。

いっそ止めてもらえば、注射しない飼い主だって飼い主のぎむ果たしていないなんて言われず、皆が助かると思うんだが。

特に3匹ではゆりチャン体型的にも副作用にかかりやすそうで心配である。

役所も獣医も駆り出されず、こちらも犬連れて出かけることも無く、ワクチンの副作用心配もせずである。

ではどうしてワクチン止めないのかということについては、利権がらみでは無かろうかというのが行き着いたサイトの意見である。http://netallica.yahoo.co.jp/news/120402

未だ狂犬病が抑え込まれていない国ならともかく、50年の長きににわたって発生の無い日本で副作用の恐れありながらのことだけに一考の要ありと思わざるを得ない。

犬を飼って居られる皆さんはワクチン打つべきとお思いでしょうか。
posted by がくさん7 at 17:38| Comment(0) | 田舎の情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。